自分で出来る散骨の方法

散骨は業者に頼まなくても、特別な許可や申請も必要なく自分たちで行うことが出来ます。

業者に頼むよりも費用も抑えることが出来ますし、オリジナルな故人をよく知る人なりの故人のことを思った温かみのある葬送が出来ます。

散骨は故人に自然に還ってもらい、地球に生まれた生き物の本来の姿です。
葬送の目的で節度を守って行う場合は問題ないと法務省で認められているので、自分で行っても違法ではありません。


最近は少子化や核家族化でお墓を管理することが、難しくなってきています。

四日市の葬儀で事前見積りの専門知識を身につけましょう。

散骨であればお墓も必要ありませんし、故人が好きだった場所や思い入れのある場所に粉骨にした遺骨を撒くだけです。

散骨の際は故人との最後の旅行といった感覚で、ゆっくりと故人との思い出に浸ることが出来ます。


注意しなければならないのは、許可や申請はひつようありませんが遺骨を必ず粉状にすることです。


葬儀の費用に関する疑問にお答えします。

遺骨をそのまま撒いてしまうと、事件として刑法に触れてしまいます。この粉骨を業者に頼むことも出来ますし、自分たちで粉骨することが出来ます。

粉骨にする機械をレンタルしてくれる業者もあります。

遺骨に触れる部分などはすべて交換してくれるので、安心して使えます。

レンタル費用はかかりますが自分たちで粉骨した方が業者に頼むよりも費用も抑えられますし、故人への奉仕作業として遺族の心の整理にもなります。

業者に頼む場合も信用できる業者を探して、立ち会うほうが安心です。

葬儀の相談の情報をお知らせします。

粉骨を行ったらあとは、思い立った時に思い通りの方法で好きな場所に遺骨を撒くだけです。
その際にあると便利な道具は水溶性の袋です。袋ごと撒いても溶けるので、遺骨を残らず撒くことが出来ます。
手が汚れないといった利点もあります。

今後遺骨をお墓に埋葬する以外の方法で葬送する場合はお墓が必要なくなるので、墓じまいを行いましょう。


三重の葬儀は絶大な支持を受けています。

お墓の管理が出来なくなった場合は近所のお墓に迷惑をかけてしまいます。

さらにお墓を建ててくれたご先祖様にも失礼なので、いっそ感謝の気持ちを持って片付けた方がいいでしょう。

墓じまいをして取り出した遺骨を散骨するなどの方法もあります。


その際はいったん取り出した遺骨は、自宅に持ち帰るようにしましょう。
お寺などに預けることも出来ますが、管理料や供養料がかかってしまいます。

桑名の葬儀の便利な情報を集めたサイトです。

その上遺骨を出すときにも手続きが必要となり、簡単に出せないので出来る限り自宅で保管した方がいいです。子孫繁栄を願って作られたご先祖様にその願いを叶えられなかったことや、精一杯努力したことを報告し読経供養を行ってから丁寧にお墓を片付けましょう。

墓じまいはさすがに自分たちでは出来ないので、お寺や業者に頼んでやってもらいましょう。

墓石の不法投棄などが最近問題となっており、ご先祖様の建てたお墓をそのように処分されてはかなわないので必ず信頼のおける業者に頼みましょう。砕いた墓石をくれる業者などもあるので、ご先祖様が作ってくれたお墓を少しでも残しておきたい人はそのような業者を選びましょう。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1514550.html
http://store-tsutaya.tsite.jp/item/search_result.html?u=0_130%7C1_53%7C2_0065%7C3_0031%7C5_010%7C6_1076
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412737569